老後問題は、20代から少額投資で解決!時間が武器になります。

投資
この記事は約4分で読めます。

はじめまして、おたけ(@otakedesu1)です。

いきなりですが、皆さん貯金できてますでしょうか?

貯金ができなくて心配になるのは老後2000万円問題ですよね・・。

それを解決するには、20代からの少額投資で解決しましょう。

 

おたけ
おたけ

誰にでも再現性があると、割とガチで思っています。

 

ぜひ最後まで見ていただけたらと思います。

スポンサーリンク

20代の最大の武器は『時間』です

仮に20歳から働くとすると、定年の65歳まで約45年ありますよね。

そうです45年という長い時間があるということです。

これは資産運用をしていく中で大きな武器になります。

 

おたけ
おたけ

楽天証券のシュミレーションで見てみましょう。

  • 目標金額→2000万円
  • 積立て期間→45年
  • 利回り→5%

 

 

おたけ
おたけ

月1万円の積立て投資を続ければ老後問題は解決できることになります。

 

右肩上がりに資産が増えていますが、これは世界一思い通りにならないグラフと言われています(笑)
長期的にならした、リターンが5%くらいです。
おたけ
おたけ

-10%で元本割れする年もあれば、+10%の年もあるということです。

常に右肩上がりに資産が増えるわけではないことは注意です。

 

株式の暴落に巻き込まれようとも、経済は必ず回復していくという歴史があるので、たんたんと少額でこつこつ資産運用していけばいいんです。
おたけ
おたけ

こつこつ時間をかけて少額投資なら誰にでもできるよね?

時間をかければリスクを必要以上にとらなくても済みます。

 

次に、45歳から65歳まで積立てを開始したとしましよう。

  • 目標金額→2000万円
  • 積立て期間→20年
  • 利回り→5%

 

おたけ
おたけ

楽天証券でシュミレーションしてみましょう。

万8000円積立てなければいけなくなります結構痛いですよね(笑)

子供の教育費、住宅ローンなどを抱えたサラリーマンがどれだけこの額を積み立てれるでしょうか・・。

これは複利で雪だるま式に資産が増えていっているからです。

 

それほど複利とはすごいんです。

若い時と年を取った時はお金の価値が全く違います。

複利の記事はこちらに書いています。

 

  • 20歳から65歳まで積立て→毎月1万積立て必要
  • 40歳から65歳まで積立て→毎月4万8千円積立て必要

なんと5倍もお金の価値がかわります。

 

無駄にお金を使っているとしたら、一度しっかりと考えてほしいです。

20歳の時に使う1万円って、40歳のときの5万円の価値があるんですよ。

そう考えるとお金の使い方がかわってくると思います。

ただ、若い時にする経験はお金以上の価値があるのも本当です。

自分が本当に幸せだと感じることにお金を使いたいものですね。

 

おたけ
おたけ

今も大切にして、未来も大切にする。

このバランス感が大切です。

 

このような記事も書いています。

参考にしてください。

この記事のまとめ

20代から少額で資産運用をするべきと思う理由を書きました。

  • 20歳から65歳まで株式投資で資産運用→毎月1万円積立て。
  • 40歳から65歳まで株式投資で資産運用→毎月4万8000円積立て。

 

リスクを必要以上にとらなくてもお金を複利で少しづつ増やすことができるからです。

私が今戻れるとしたら、支出を減らして余剰資金で投資に回すと思います。

 

投資は確かにリスクがありますが、預金で備えることもまたリスクです。

インフレが起きた場合に、預金では対応できないからです。

 

  • 社会保険の負担増
  • 給料の上昇の見込みがない

 

この時代、資産運用を怖がっている場合ではないんです。

むしろ資産運用を自分で真剣にしなければならない時代にきているんです。

自分のお金を真剣に考えれるのは自分だけですよ?

 

資産運用何すればいいかわからないという人は以下で解説しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントやブックマークなどしていただけたら嬉しいです。

 

今後も誰かの役に立つ情報を発信していけるように頑張ります。

よかったらTwitterフォローお願いします。おたけ(@otakedesu1)

少しずつ動画もアップしていきたいので、暇な方は見てくださいね。YouTube

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました