メンテナンス

B8アウディA4アバント デフオイル交換は基本的に不要だそうです。

私の乗っている車は、アウディA4アバント クワトロ Sライン という車です。

  • 型式:ABA-8KCDNF

 

長く乗るために自分で考えてメンテナンスを実施してきましたが、他にやっておくことはないかな?

と考えていたら車には、フロント、センター、リアデフがあるというじゃないですか。

役割や構造をあまりわかっていませんが‥。笑

 

しかしメンテナンスノートを確認してみても、メンテナンス推奨項目に入っていないのです。

そこでディーラーに「メンテナンス推奨頻度」を聞いてみました。

 

みなさんはどんな頻度でメンテナンスをしていますか?

変えたことがありますでしょうか?

詳しい人がいましたら教えてほしいです。

 

乗り換えを検討している人、車を高く売却したい人は、一括無料査定がおすすめ‼︎

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

ディーラーへデフオイル交換推奨頻度を問い合わせた結果

基本的に無交換でいいみたいです

フロントデフ、リヤデフについては、特殊なデフ(ハルデックス)以外は、基本的に無交換でいいみたいです。

 

私の乗っている型式は以下であるので、特殊なデフには該当しない感じですかね。

  • 型式:ABA-8KCDNF

 

 

ちなみにSトロニックオイルは交換しました。

以下の記事を参考にしてくださいね。

B8アウディA4アバント Sトロニックオイル交換をした理由とその後の記録。

 

 

フロントデフ、センターデフ兼用オイル 品番 G052513A2

 

 

 

リヤデフオイル 品番 G052145S2

 

オイルは劣化するものなので性能維持のために交換した方がいい気がする

オイルというものは、空気の水分や、熱を取り込み、劣化するものというのが私の考えです。

 

デフ関係はエンジンみたいに過酷な熱にさらされず、密閉されているので、劣化はしにくいのでしょうかね?

本当に交換しなくてもいいのでしょうか?

悩みますね。

デフ(差動装置)の役割とは?

デフとは、デファレンシャル(差動装置)というそうです。

 

カーブなどを曲がるときに旋回距離に差が出て内側はスリップして、タイヤを摩耗させます。

そこで状況に応じて、内側車輪を外側よりも回転数を少なくさせるデファレンシャル(差動装置)が必要になります。

フルタイム4駆には、センターデフがある

車は旋回すると全輪は同一円周上を通るので、前後輪に内輪差が生じます。

前輪と後輪では旋回半径が違うので、旋回距離は前輪より後輪が少なくなります。

それなのに、前後輪が同じ回転をすると前輪は後輪に押されブレーキがかかった状態になります。

 

これを「タイトコーナー・ブレーキ現象」と呼び、高速走行では特に顕著に現れます。

そのためセンターデフを使用して前後輪の差動を行うことが必要になるんですね‼︎

 

本を読みながら勉強してみましたが、自分でも全然理解できない‼︎笑

B8アウディA4アバント デフオイル交換は基本的に不要 まとめ

ディーラーによると私の型式の車は基本的に無交換でいいそうです。

  • 型式:ABA-8KCDNF

 

長く乗るためにはやっぱり変えた方がいいんだろうか‥。

メンテナンスノートの交換頻度にのっとって維持していきたいと考えているので、書いてないとなると、そこまで気にしなくていいんでしょうかね?

みなさんはどう思いますか?笑

 

乗り換えを検討している人、車を高く売却したい人は、一括無料査定がおすすめ‼︎

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

 

 

最後まで見ていだだきありがとうございました。

Twitter、Instagram、YouTubeもやっています。

コメントや、フォロー、ブックマーク、リンク掲載などしてくださると嬉しいですし、色々な方と繋がりたいです。

プロフィールのリンクから簡単に飛んでいけますので、良かったらお願いします。笑

 

関連記事も下にスクロールしてもらえるとみれるので、ご覧ください‼︎

おたけ
2020年05月からBLOG運営開始。 B8アウディA4アバントのおかげで、車好きになりました‼︎ 車×ドライブ×旅行が好きです。 車×ドライブ×旅行でいい人生を目指すBLOGです。 コメント欄やSNSなどで繋がれたら嬉しいです。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA