メンテナンス

B8アウディA4アバントを故障させないために必要な7つのこと。

B8アウディA4を故障させないために必要な7つのこと

私の乗っている車は、アウディA4アバント クワトロ Sライン という車です。

  • 型式:ABA-8KCDNF

 

外車って買う時はとても勇気が入ります。

そして買った後でも簡単に故障しないか悩んでしまうものですよね‥。

 

ネットでは外車は壊れると言われていますが、私の車は壊れないです。

それどころかファミリーカーとして、1台でばりばりとフル稼働しています‼︎

 

そこでこの記事では、実際に私が「外車の故障をさせないために意識している、7つのこと」を紹介したいと思います。

 

具体的には

  • 定期的なエンジンオイルの入れ替えと補充
  • エンジンエンジンクーラント(冷却水)の日常をする
  • 月に1度はタイヤ空気圧の点検をする
  • 1日のはじめのエンジンスタート後は軽く暖気する
  • 急なシフトチェンジはしない
  • 駐車時は、電動パーキングブレーキを先にかけてから、シフトをPに入れる
  • 車輪止めにタイヤを押し付けたまま、駐車しない

の順番でご紹介していきます。

外車を壊してしまう可能性が低くなると思いますので、まずはご一読を!

B8アウディA4アバントを故障させないために必要な7つのこと

定期的なエンジンオイルの入れ替えと補充

1番重要なのがエンジンオイルの管理をしっかり行うことです。

ドイツ車はエンジンオイルを消費させる作りなので、定期的にみておかないと、エンジンを故障させることになってしまいます。

私の車は2000km走行で、1ℓオイル補給しています。

アウディはナビの画面でエンジンオイルの量を確認出来るようになっています。

 

  • エンジンは車の心臓
  • エンジンオイルは車の血液

なのでここを大切にしていないとすぐに車が壊れてしまいます。

 

私のオイル交換のマイルールを紹介します。

  • 1年または15000kmでエンジンオイルを変える
  • エンジンオイルフィルターは交換のたびに変える
  • 警告灯が出る前に、補充する

エンジンクーラント(冷却水)の日常点検をする

エンジン内部は非常に高温になるのでエンジンのオーバーヒートを防ぐ目的でエンジンクーラントと呼ばれるものが使われています。

エンジンは車の最も重要部品なので、ボンネットを開けて点検しています。

MAXとMINの間に液がいるのを確認する。

月に1度はタイヤ空気圧の点検をする

タイヤの空気圧を適正に保っていないと、以下の悪影響があります。

  • タイヤの偏摩耗
  • 乗り心地の悪化
  • タイヤのバースト
  • 燃費悪化

 

その中でもタイヤのバーストを起こしてしまうと、交通事故につながり大変危険です。

事故を起こしてしまうと余計にお金がかかってしまうので、予防整備の一環としてタイヤに気をつかのはとても重要です。

  • タイヤのひび割れ確認をする
  • タイヤのスリップサインの溝があるか見る
  • 洗車機のついでに、空気圧の点検をしてもらう

高級タイヤを安く買った方法も書いているので、ぜひ見てくださいね。

【知らないと損】ミシュランプライマシー4 アウディ承認タイヤを安く買う方法‼︎

1日のはじめのエンジンスタート後は軽く暖機する

今どきの車は精度よく作られており、コンピューターによる電子制御となっています。

そのため環境負荷の観点からエンジン始動してすぐスタートという意見が多いみたいですね。

 

しかし私は暖機しようと思います。

エンジンに優しい=買い換える頻度が減る=長く使える=本当のエコだと思うな〜。

  • 1日のはじめのエンジン始動後はアイドリングの回転数が下がるまで待ってから発進(約1分)
  • 水温計が真ん中にくるまでは、全開走行は避けています

特に冬場のマイナス気温の時は、2〜3分くらい暖機してすぐに出発しないようにしています。

すぐに出発しないといけない時(家族に迷惑かかる)は、1分くらいにとどめて長い暖機はしていないです。

急なシフトチェンジはしない

アウディA4 シフトノブ

N(ニュートラル)、D(ドライブ)、R(リバース)、P(パーキング)のシフトをかえる時は、トランスミッションを傷めない様に一呼吸おいて切り替えしています。

  • D→R
  • R→D

へシフトチェンジする時は、フットブレーキを踏んでタイヤが完全に止まってから切り替えしています。

 

この型式のアウディに搭載されている、Sトロニックのミッションは壊れやすいみたいなので、かなり重要な気遣いなのでは?

と個人的に思っています。

メンテナンスノートでは、Sトロニックオイルの交換を推奨されています。

以下の記事に交換した体験記事を書いているので気になる方は見てくださいね。

B8アウディA4アバント Sトロニックオイル交換をした理由とその後の記録

駐車時は、電動パーキングブレーキを先にかけてから、シフトをPに入れる

私は今までシフトをP(パーキング)に入れてから、電動パーキングブレーキをかけていました。

たまに電動パーキングブレーキをかけるのを、忘れていたり‥。

 

勾配のある駐車場で、電動パーキングブレーキを忘れていて、フットブレーキを離した瞬間、ドンっと少し車が動く時ありませんか?

あれやばい行為だったみたいです。

車が壊れます‼︎

  • シフトP(パーキング)は、ミッション内部のギアにピンが入って固定しているだけ
  • 衝撃がかかるとピンが折れて、車が動き出す可能性があります
  • トランスミッションを傷める恐れもある

正しくは、電動パーキングブレーキをかけてから⇨P(パーキング)です。

愛車の寿命を縮めてしまう行為として紹介されている記事を発見しました。

電動パーキングブレーキやサイドブレーキの操作間違いは、トランスミッションを傷めるので絶対NGです。

車輪止めにタイヤを押し付けたまま、駐車しない

バックして、車輪止めに当たったら、そのままエンジンを切る人いませんか?

強い負荷が足回りにかかってると嫌なので、私はしないようにしています。

車輪止めにゆっくり当たったら、少し前に出して、駐車しています。

足回りのブッシュに力がかかった状態でクルマを駐車することになり、ブッシュは変形した状態のままになってしまいます。

以下の記事が参考になりました。

車の寿命を縮めていた!? 無意識にやりがちなNG行為5選

B8アウディA4アバントを故障させないため必要な7つのこと まとめ

外車を壊さないために必要なことは以下です。

  • 定期的なエンジンオイルの入れ替えと補充
  • エンジンエンジンクーラント(冷却水)の日常をする
  • 月に1度はタイヤ空気圧の点検をする
  • 1日のはじめのエンジンスタート後は軽く暖気する
  • 急なシフトチェンジはしない
  • 駐車時は、電動パーキングブレーキを先にかけてから、シフトをPに入れる
  • 車輪止めにタイヤを押し付けたまま、駐車しない

 

特別なことは特にしていないと思いますが、常に車の事を気にかけて運転しています。

国産車だとか外車だとか関係なく、モノを大切にしない人はきっと壊れます。

それが外車はすぐ壊れるなんかの悪い口コミになっているんじゃないかな〜‥。

個人的にはエンジンオイルの管理と、急なシフトチェンジを避け、Sトロニックオイルを定期的に変えることが重要なのかなと考えています‼︎

輸入車専門の200社が加盟しているとのことなので、実際に自分で整備をお願いしてみました。

以下の記事に詳しくまとめていますので、気になる方は見てくださいね。

【輸入車の整備・車検・鈑金ならbuv.LABO】 はおすすめ?実際の体験談
【輸入車の整備・車検・鈑金ならbuv.LABO】 はおすすめ?実際に体験してきました。車って買うことがゴールではなくて、買った後のほうが大切です。 なぜならせっかく愛車を手に入れても適切な整備をしなければ、車はいずれ壊れ...

 

最後まで見ていだだきありがとうございました。

Twitter、Instagram、YouTubeもやっています。

コメントや、フォロー、ブックマーク、リンク掲載などしてくださると嬉しいですし、色々な方と繋がりたいです。

プロフィールのリンクから簡単に飛んでいけますので、良かったらお願いします。笑

 

関連記事も下にスクロールしてもらえるとみれるので、ご覧ください‼︎

おたけ
2020年05月からBLOG運営開始。 人生の目標は思い出作り。 たくさんの物はいらない。 これからは体験と経験に全振りしていきたいと思う。 コメント欄やSNSなどで繋がれたら嬉しいです。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA